「うみやまあひだ」

画像

昨日北斎ホールで、伊勢神宮の森から響くメッセージ「うみやまあひだ」の上映会が開催されました。2015年マドッリド国際映画祭外国語ドキュメンタリー部門最優秀賞他二冠受賞先品で、監督は宮澤正明氏です。主催は(公財)長野県緑の基金、共催は須高緑化推進連絡会、さーけんせってみね会(小布施町)です。二回の上映会の間の時間にトークショーがありました。「ミス日本みどりの女神」野中 葵さんと藤岡牧夫です。この映画は約千三百年にわたり続けられている伊勢神宮式年遷宮に木曽の檜が関わり、同じく式年遷宮を行う小布施町皇大神社の理解を深めるために上映されました。映画と木曽上松町生まれの藤岡と農林水産省「みどりの広報大使」就任の女神さんとのお話は自然が豊かな日本の素晴らしさを再認識させられるものでした。

◎「本当に涙が止まらなっかた。もはやあなたも、じっとしてはいられなくなるはずです。」                         阿川佐和子(作家)

◎「百年後を見越して森を作ってきた日本。この映画はその凄さを感じさせてくれ る。」                       野口 健(アルピニスト)

 

 

絵本「森のくまさん木曽物語」発売中!

昨年12月24日に絵本「森のくまさん 木曽物語」(公益財団法人長野県緑の基金発行)が出来上がり、美術館ショップにもお目見えしました。
一昨年に発行されたされた「森のくまさん」の第2弾で、藤岡が子ども時代を過ごした木曽谷を舞台にしたお話です。
四季を彩る美しい風景や、くまさんと子どもたちと植物や生き物との交流が描かれています。
この絵本の中から、新たに2枚のポストカードも作りました。
また、この他にも小布施の桜や紅葉などのポストカードが何種類か増えました。
絵本は1,200円、ポストカードは1枚150円です。(いずれも税込)
美術館ショップでお求めください。ショップは入館せずともご覧いただけます。

新年おめでとうございます。

今日5日(金)から美術館は開館してます。朝は曇りがちでしたが、お昼前には青空が見えて、飯縄山のスキーのゲレンデがはっきり見えました。残念ながら北アルプス、妙高山等々は雲の中です。少しずつ何日かの雪ですっぽり覆われた美術館ですが、道路は乾いて走行に支障はございません。

冬の小布施は14日・15日と「安市」もあり楽しめます。

今年も皆様のお越しをお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。


クリスマスコンサート

12月24日に「森のくまさん 木曽物語」の出版記念コンサートを開催しました。この日の午前中に刷り上がったばかりでインクの匂いが残っている様な本が届きました。演奏者は森のくまさん作曲のフルート早川育さん、ピアノは瀧澤ヒトミさん、ソプラノ歌手小橋麻美さんの3人です。藤岡が出版のいきさつ、裏話などし、毎回大好評のお楽しみプレゼント会も、予想を超えた120名以上の入場者の方々に楽しんでいただきました。椅子は足りない、パンフレットは足りないで皆さまに大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。ボランティアの方々、お手伝いありがとうございました。

今年は「人形展」を一年間展示しました。藤岡の新たな分野が出来て本人が一番楽しんでいます。来年は「森のくまさん 木曽物語」の原画展や東京時代の傑作イラスト等々を展示の予定です。支えてくださった皆様本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。スタッフ一同心よりお待ちしております。

🎍 12月26日㈫ ~ 1月4日㈭ まで美術館 展示 はお休みです。(申し訳ありませんがショップもご利用できません。)                    

 

2018年カレンダー制作のお絵かき教室

「もちつき大会+お絵かき教室」で来年のカレンダー作りを計画しました.
A3の大きさの上半分に自由に絵を描いたり、写真を貼ったり、布・紙・段ボール・ひもを自由に貼って制作しました。
予定より多い37名の子供たちと20名以上の保護者の方々が楽しく時間を過ごしました。
小雪が降る中のもち付き大会はお正月が近い冬の景色となりました。つきたてをいただけるのも嬉しい事です。

初冬の景色

午前中青く澄んでいた空は、午後は雲に覆われ一面グレイになりました。
それでも五岳はどっしり構え、そこに在ります。
小布施観光協会のHPのトップ画面は雪景色の写真に変わりました。http://www.obusekanko.jp/
町内に雪はまだありませんので、ちょっと季節を先取りしていますね。
当館は冬季も開館しております。外には格別な冬景色、館内には藤岡の描く風景が広がっています。どうぞおいでになりご覧ください。
(2017年12月25日(月)~2018年1月4日(木)年末年始の休館となります)

今日の北信2岳です

今朝は雪がチラチラしていましたが、開館の時間には青空が出てきました。
午後になると北信五岳も北アルプスも見えてきて久々の山々です。晴れていても山の頂上には雲があることが多いのです。これからは、雪山の姿が日に日に多く見られて楽しみの一つです。
美術館の中庭等々の落ち葉の量はもの凄く、掃くのは大変ですが、こんな日は気持ちのいい時間でした。

 

音羽奏乃乎と仲間たちコンサート

須坂にお住まいの音羽先生主催のコンサートが開催されました。
お仲間のシャンソン、童謡、ミュージカル、ポピュラーの歌とフラダンスもあり、そして「薩摩琵琶」の珍しい演奏を聴くことが出来ました。楽しいひと時をありがとうございます。

 

 

晩秋?初冬?

きょうは晴れ。北信五岳がきれいに見えます。
しかしこの晴天も午後3時までで、以降は曇り、明日は雨、あさっては雪が降る予報となっています。
あさっての日曜は、毎年恒例の「おぶせ晩秋の農村散策ウォーク」が開催されます。
美術館にも参加者の方がたくさんお立ち寄りくださいます。
せっかくのウォーキング、天気予報が外れてくれるといいのですが…。
さて、雁田山は今まさに紅葉が晩秋の美の絶頂といった趣ですが、暦の上では季節はすでに冬、北信五岳の標高の高い部分は雪化粧しており冬の到来が見てとれます。

今週は22号

今夜にかけて台風22号は日本列島の太平洋側を東寄りに進む見込みとのことです。
明日の朝には北海道の北に去ってくれるようですが、小布施の街歩きを楽しみに来られた方には2週連続であいにくのお天気となってしまいました。
雨の日が続き日照不足のせいか美術館の庭の黄葉、紅葉も冴えません。
毎年美しく色付くイロハモミジ、ここから巻き返して、11月12日の「きものdeピアノ」19日の「音羽奏乃乎と仲間たち」のコンサートに華を添えてくれますように!
明日は休館日です。皆さまお気を付けてお過ごしください。
*コンサートについての詳細はHPのイベントのページをご覧ください。