ネジバナ(ねじ花)

一昨日の大雨で、中庭の芝生に水分がたっぷりと行き渡りました。すると20㎝ほどのネジバナが日陰の場所に 2、30本いつの間に伸びていました。今年はカラ梅雨で遅かったようでした。上手くねじれている花をお見せします。今年はねじれが良くない花が多いのですが、ぜんぶ右回りです。(右回りと、左回りがあります。)


 

あじさい

6月下旬には、35度越えの日が4日連続で続いたと思ったら「梅雨が明けました」。梅雨には殆ど雨が降らず、この辺の農家の方々は散水栓を目一杯開けて連日放水の日々でした。美術館のたった1本のあじさいも咲きたいけど咲けない状態だったのです。昨日は恵みの大雨で一日中しっかり降り大地に浸みこみました。

ところが長野市や南信州はこの大雨で災害が起きるほどです。極端な気候で、きれいに咲いたあじさいを見ても複雑な気持ちになりました。


ホタルブクロ

今日は、思いがけず涼しい日になりました。第3回サポーターズ活動日でしたのでラッキーです。少人数ではありましたが、中庭がすっきりメリハリがつきました。サポーターの方が昨年植えてくださったホタルブクロも小さな白い花が咲きました。お疲れ様でした。

小布施温泉に行く近道に遊歩道があります。道端の自生ホタルブクロの花も満開になりました。青紫色群とピンク群です。今年は少し元気がありませんが藤岡の絵本にも出てくるので応援したくなり、周りの草取りなどして見守るつもりです。

 

ミニつるバラが満開になりました。

一週間前からぽつり、ぽつりと咲き始めた赤いミニつるバラがあっという間に満開になりました。つぼみもいっぱい付けています。しばらくの間、看板を引き立てて咲いてくれるでしょう。遊歩道も歩きやすくなりました。山々は薄曇りの中ですが気持ちのいい爽やかな6月のスタートになりました。

遊歩道

5月19日・土曜日にはサポーターの方々に駐車場下の主に芝桜の周りの草取りをしていただき、きれいになりました。少ない人数での作業で、やってもやっても申し訳ないほどの広さを根気よく取ってくださり頭が下がります。ありがとうございました。

今日は毎週土曜日に来てもらっているFさんが小布施温泉からの遊歩道をスッキリ通れる様にビーバーで草を刈って整備してくれました。助かりました。これで小布施温泉からの近道は楽に通れます。(運が良ければ見事なロケーションが望めます)

長い冬の後の桜にウキウキ、新緑にウットリ、残雪の山々の美しさにため息をついている間に、足元の色々な草もこの季節を待っていたのでした!!

ジャーマンアイリスも満開になり、遊歩道も気持ちよく歩けます。楽しい企画展やってます。お待ちしてます。

 

長野市立城山小学校遠足

藤岡牧夫は小学校最後の半年間を城山小学校で過ごしました。城山小学校の絵を描いた事で交流が出来、毎年遠足に来てくれます。今年は4年生74名の児童の皆さんが来てくれました。印象に残った絵の感想を書いたり、校歌を覚えることができなかった藤岡の為に、ピアノ伴奏付きで合唱してくれたりしました。絵の感想を読ませてもらえることが何よりも楽しみにしている藤岡です。

今日は、雪の残っている北アルプスや北信五岳もはっきり望めた、風のさわやかな5月でした。城山小学校の皆さんありがとうございました。

新しく原画展示始まりました。

【輝く水面】展ー水面に映る情景描写の特長に注目して鑑賞してください。

【ひそむ生物」】展-四万十川に生息している意外な生きものとは。

「風に吹かれて」と「ささ舟、四万十川を行く」から未発表作品も含めての原画を集めました。

「藤岡牧夫、東京時代の仕事vol.1」【似顔絵】展ー数多くの似顔絵のイラストを手掛けてきた中で今回は、落語家、関取などのスポーツ界の有名人の似顔絵50点余りを展示してます。

第1回サポーター活動

今年初めてのサポーター活動は4月なのに30度もある日になってしまいました。

草の背丈が伸びないうちにと思ったのですが、今年のこの陽気に長い冬を抜けた植物は競争のように伸びていましす。サポーターの方は飯山市、長野市、須坂市、小布施町から快く来てくださり、館長始め藤岡牧夫、スタッフも汗ふきふき草取りをしてロトウザクラの下はきれいさっぱりになりました。本当にありがとうございました。

 

ロトウザクラ咲きました!

午後1時の気温は15℃まで上がり暖かな日曜日となりました。
美術館の庭のロトウザクラが咲き始め、下の道路からもピンク色が目に付きます。
今週は気温の高い状態が続く予報ですので、どんどん咲くでしょう。
毎年、ミツバチやメジロが待ってましたとばかりに蜜や花を目当てにやって来ます。
どんな情報網があるのか不思議ですね。
人間の皆さんも、どうぞお花見にいらしてくださいませ。