夏と秋の間

季節が動きました。美術館の周りでは、今こんな状態です。

どこにでも見られる「ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)」が今年は駐車場から小布施温泉に向かう途中の小路の脇に2メートルを超す大きさになって2本も立っていました。。ミニつるバラも秋にもう一度咲いています。
外回廊の天井にはコウモリが1匹住みつています。糞が落ちて嫌なんですけど、絵本作家のあべ弘士さんがいらっしゃったとき「コウモリは縁起良いから大切に」とおっしゃったので眺めるだけにしています。(もちろん毎日糞の片付けあり)
コロナ禍で静かな小布施です。当美術館は子ども忍者が鎌倉長谷寺で修行している楽しい絵を展示中です。ソーシャルディスタンスは充分取れていますから足を運んでみてください。お待ちしてます。12月26日まで(月曜日は休館日)


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です