小布施駅前

朝、小布施文化観光協会に用事があって小布施駅(構内にあります)に行きました。
赤い梅の花が満開でまぶしかったです。街も美術館も静かです。
来週から「シャドーボックス作品展」が始まります。ご存じない方も多くこの機会に
お越しいただくと、「え~!どうなっているの?」が解明されます。
確かな技術で3Dに再現された藤岡牧夫の絵の数々を
ゆっくっりとご覧いただけます。お待ちしてます。

この雪です

4日前にはウグイスの初鳴きを聴いてすっかり春の気分になっていたのに今日はこの雪です。
水分をたっぷり含んだ重い重い雪です。
ですから寒くはありません。画像を見ると
震えあがような感じになりますね。

ウグイスの声

昨日は一日中重い春の雪が降り、雁田山まで真っ白になりました。
今日は打って変わって素晴らしい青空になりました。
中庭の茂みから可愛らしい鳴き声が聞こえてきます。
「ホーホケキョ!」なんともやさしい声です。
何回も何回もたて続けに鳴いています。昨年のウグイスは練習不足で「もう一息!」と応援しましたが今年のウグイスは声は小さいけれどハッキリ言えてました。
今年はじめて今日25日に聴きました。昨年は26日でしたので、こんなに気候がおかしいのにほとんど同じ日に来るなんて・・・。偶然とは思いたくない朝でした。

「シャドーボックス作品展」が始まります。

シャドーボックス作品展

4月7日㊋ ~ 5月31日㊐

アエリ―のシャドーボックス工房の湯本千絵先生と門下生による作品展です。
藤岡牧夫作品のファンであった皆さんがその絵をシャドーボックスにしてみたいとご希望されて了解が得られました。その出来映えが素晴らしく今回の企画展が実現しました。藤岡牧夫本人も自分の絵が3Dになり面白がっています。
是非この機会に3Dのクラフトアートであるシャドーボックスの不思議な世界ををご覧ください。お待ちしてます。

満開です。

昨日のみぞれは一日中でしたが今日は気持ち良く晴れています。
魯桃桜は満開になりました。ここ数日見にいらしゃる方が増えました。
残念ながら色々な原因で2本の魯桃桜は枯れてしまいました。
今残っているのは5本です。

桜と言えども桃の仲間で花の付き方は桃そのものです。

 

 

 

 

 

画面右下奥の方が色の濃い魯桃桜です。
花の密度もあり見事です。
冠雪の北信五岳も雲の間からは
見えてきました。

新型ウイルスと魯桃桜(ロトウザクラ)の状況

北斎館や当美術館は新型コロナウイルスの影響では休館していません。
小布施町の他の美術館等々も通常通り営業してます。(3月6日現在)

美術館の駐車場の魯桃桜の様子です。1ヶ月近く早く咲き始めました。
この分だと桜も早いでしょう。小布施橋近くの八重桜も楽しみです。
暖かい日が続いています。ゆっくり美術館めぐりに良い季節になりました。

陽気に誘われて下りてきました。

と、言ったかどうかはわかりませんが。この2週間に3回も美術館に遊びに来たおサルの皆さん。とにかく暖かい日が多く昨年の今頃は最低がマイナス9度で最高がマイナス3度でした。例年なら3月下旬の暖かい日に下りてきます。
下の畑の残っている柿やリンゴを食べたり、物置小屋の屋根の上で小さい兄弟3匹が横になってくつろいでいたり、目の前のさつきの若芽(?)を取って食べる大きな雄など10匹ら30分ほどひとしきり遊んで雁田山に帰っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お邪魔しました、ではごきげんよう!」

今日の北信五岳の四岳

今朝はマイナス3度あり車のフロントガラスは凍っていました。
お昼には素晴らしい天気で10度にもなり北信五岳の雪景色は見事でした。
こんな日は新潟十日町や妙高市長岡市からのお客様が増えます。
「そちらの雪の具合はどうですか?」とお聞きすると皆さん、ほとんど無いという
お答えです。この1月に豪雪地帯に雪が無い・・・。今年も何だか心配です。
左から
飯縄山・戸隠連山・黒姫山・妙高山の四岳。