城山小学校遠足

きょうは長野市立城山小学校の4年生65名が遠足で美術館にやって来ました。
藤岡の母校の後輩たちが毎年訪れてくれるのは、美術館にとっても楽しみな恒例行事となりました。
館内の作品を鑑賞した後は、腹ペコなみんなが楽しみにしていたお弁当タイムです。
うららかな陽光の下、藤岡も子どもたちと一緒に庭でおにぎりを食べました。
子どもたちが遠足の思い出の中に美術館のことも入れておいてくれたら嬉しいです。 

「くぎうちトントン木工教室」の制作者たち

気持ちの良いお天気が続いています。今日の午前中、須坂市立井上小学校4年生の皆さんが、お父さんやお母さんと学校の体験授業で作った作品を見に来てくださいました。作ったときは3年生でその時担任だったY先生が「くぎうちトントン木工教室」の作品が美術館に展示してあるので見に行きましょうとご家族を誘ってくださり、実現したグループです。子どもたち28名、大人17名+Y先生の45名。

この作品は来館者からは好評で「楽しかったです!」の感想があり、手作りの「いす」、紙粘土の「動物」、作っている時に浮かんだ「物語」を自分たちで絵本にしたものを展示してあります。

いす‥‥大工の棟梁・黒岩聖  紙粘土‥‥藤岡牧夫   物語……Y先生 がそれぞれご指導してくださいました。

皆さんの記念写真です。ありがとうございました。

2017/04/30 11:07

 

 

 

高山小学校5年生遠足で来館

今日は良く晴れ渡って、北信五岳、噴煙を休止している焼山、北アルプスもはっきりと雪山が望め、風も爽やか遠足日和でした。高山小学校5年生70名の皆さんようこそ美術館にいらっしゃいました。浄光寺のスラックラインを体験して、美術館で空想かき立てる絵を鑑賞して、ウグイスが鳴り響く庭でおいしいお弁当を食べて充実した一日でしたね。帰りも2時間かけて、しかも上り坂を帰るということです。気を付けてお帰りなさい!ありがとうございました。

上の写真・教科書の展示部屋  下の写真・中庭で昼食

魯桃桜は見頃になりました

小布施雁田はスッキリ晴れないこの頃ですが、暖かい日が続いたため、魯桃桜は見頃になりました。
遠くから見ると薄いピンク色がやさしく、枯れた雁田山の木々をバックに7本が見事に咲いています。駐車場側から見ると、まだ雪をかぶった北信五岳を背景に素晴らしい景色になっております。ここ数日が見頃のチャンスです。
「ふじおかまきお絵本の中の人形展」好評開催中です。
また、須坂市立井上小学校3年生による「くぎうちトントン 木工教室」の作品を5月14日まで展示しております。

明日から4月

きのうの暖かなお日様は何処へやら…きょうは冷たい風が吹く一日でした。
けれども、美術館駐車場の魯桃桜はさらに一段と桃色の濃さが増してきたようです。
春が少しずつやってきています。
明日から4月、新しい年度のスタートです。
美術館の展示は5月28日まで引き続き「ふじおかまきお 絵本の中の人形展」です。
魯桃桜もふじおかまきおの人形たちも、ご来館をお待ちしております。

3月29日朝のロトウザクラ🌸

長野市立図書館のロトウザクラは何日か前に「開花」と新聞に載りました。しかしここ小布施の雁田山の麓にある美術館は、少しだけ雪の塊があるので気温が低いのでしょう。やっと樹全体の蕾が赤くなり、今朝見ると蕾からちょっとだけ顔を出していました。昼間気温が上がれば、ぽつり、ぽつりと咲きはじめるでしょう。桜より早く三月に観賞できる魯桃桜(ロトウザクラ)はこれからだんだんと見頃になります。

「人形展」の館内も春が来てます。皆様のご来館お待ちしてます。

2017/03/29 09:42

ピアノ教室発表会♪

きょうは美術館常設展示室にて須坂市の滝澤ピアノ教室さんの発表会がありました。
当館を会場として使っていただくのは2回目です。
第一部はブルクミュラーの練習曲より、第二部は生徒さんそれぞれが選んだ曲を演奏され、日頃の練習の成果を披露されました。
ご家族の皆さんもおいでになり、休憩時間には美術館の展示をご覧くださいました。
当館はKAWAIのグランドピアノを常設しており椅子やマイクもございます。
音響もよく演奏会には最適な環境です。どなたでもお使いいただけます。
ご利用についての詳細はお気軽に、美術館 026-247-5461 にお問合せください。

「森のくまさん」の新曲NHKで披露されました。

去る3月3日ひな祭りの金曜日、NHK「ひるとく」の時間に、「森のくまさん」の新曲(作詞藤岡牧夫・作曲早川育)が初めてテレビから流れました。国会中継等があり延び延びになってしまいましたが、実現しました。

短い時間でしたが、「森のくまさん」の曲以外の曲もあり3人の歌と演奏のすばらしさは充分伝わりました。ありがとうございました。

ご覧になれなかった皆様に雰囲気だけでも見ていただきたいと思い、記念写真をのせます。演奏中の写真を載せられないのは残念ですが、美しさは変わりません。

ふたつの 「音」

その① 一昨日、昼過ぎ曇りがちの空から大きな音が。びっくりして音のする空
を見ると、いま話題になっているオスプレイが小布施市街地の上空を上田の
方面へ飛行していきました。すると昨日午前中に昨日よりもっと大きな爆音
がします。見ると一昨日より大きな姿で美術館の真上を飯山の方面に去って
行きました。思わず「落ちませんように!」

その② 気持ち良く晴れてちょっと暖かい朝でした。展示室の掃除をしている
と、バタバタバタッ、と以外に大きな音が上から聞こえた来ます。そ
うです、お分かりになった方は、ずーっと前からホームページをご覧
になって下さっている方です。今年も雁田山のサルが下りてきました。
昨年は12月が最後だった気がします。親サルが2匹、子ザルが3・4匹
屋根の上でひなたっぼっこしていました。目撃したのは7・8匹なの
他のサルは畑の何かをくすねて一足先に山に帰ったかもしれません。
今年は雪が多かったので心配しました。

いつもは静かな美術館です。いつもと違う大きな「音」が気になりまし
た。

2017/03/17 09:19

2017/03/17 09:19

 

人形展の人形たち

絵本の中で遊んでいる子供たちを紙ねんどの人形にして、絵本に描いた情景を立体造形で再現しました。本物の鳥の巣やキノコや羽根を使い、一場面を構成してあります。美術館の中は絵から飛び出した子どもたちの歓声が聞こえてくるようです。人形は全て藤岡牧夫が制作しました。木工は棟梁の黒岩聖さんが手掛けました。

今年の雪で魯桃桜の枝がたくさん折れました。その大きな枝を花瓶にさしたら、息を吹き返し一足先にぽつぽつと咲き始めました。どこよりも早く桜を見ることができます。人形展と魯桃桜が一緒に見られるのは今です。ご来館お待ちしてます。

2017/03/07 12:27

2017/03/07 12:27