満開です。

昨日のみぞれは一日中でしたが今日は気持ち良く晴れています。
魯桃桜は満開になりました。ここ数日見にいらしゃる方が増えました。
残念ながら色々な原因で2本の魯桃桜は枯れてしまいました。
今残っているのは5本です。

桜と言えども桃の仲間で花の付き方は桃そのものです。

 

 

 

 

 

画面右下奥の方が色の濃い魯桃桜です。
花の密度もあり見事です。
冠雪の北信五岳も雲の間からは
見えてきました。

新型ウイルスと魯桃桜(ロトウザクラ)の状況

北斎館や当美術館は新型コロナウイルスの影響では休館していません。
小布施町の他の美術館等々も通常通り営業してます。(3月6日現在)

美術館の駐車場の魯桃桜の様子です。1ヶ月近く早く咲き始めました。
この分だと桜も早いでしょう。小布施橋近くの八重桜も楽しみです。
暖かい日が続いています。ゆっくり美術館めぐりに良い季節になりました。

陽気に誘われて下りてきました。

と、言ったかどうかはわかりませんが。この2週間に3回も美術館に遊びに来たおサルの皆さん。とにかく暖かい日が多く昨年の今頃は最低がマイナス9度で最高がマイナス3度でした。例年なら3月下旬の暖かい日に下りてきます。
下の畑の残っている柿やリンゴを食べたり、物置小屋の屋根の上で小さい兄弟3匹が横になってくつろいでいたり、目の前のさつきの若芽(?)を取って食べる大きな雄など10匹ら30分ほどひとしきり遊んで雁田山に帰っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お邪魔しました、ではごきげんよう!」

今日の北信五岳の四岳

今朝はマイナス3度あり車のフロントガラスは凍っていました。
お昼には素晴らしい天気で10度にもなり北信五岳の雪景色は見事でした。
こんな日は新潟十日町や妙高市長岡市からのお客様が増えます。
「そちらの雪の具合はどうですか?」とお聞きすると皆さん、ほとんど無いという
お答えです。この1月に豪雪地帯に雪が無い・・・。今年も何だか心配です。
左から
飯縄山・戸隠連山・黒姫山・妙高山の四岳。

新年あけましておめでとうございます。

昨年はお陰様で皆様の暖かいご支援で無事に終わりました。
🐭どうぞ今年もよろしくお願いします。

新しい年は4日㊏から開館しています。
5日㊐は冬らしい雪景色となり長い冬の始まりです。
待望の山にも降ってこれで一安心です。雪は楽しい遊びがいっぱいあります。
館内も冬に相応しい藤岡の絵を展示しました。
冬の信州に来られた方は是非美術館にもお寄りください。
運が良ければ北アルプス、飯縄山、戸隠連山、黒姫山、妙高山、斑尾高原と
素晴らしい冬の雪景色がご覧いただけます。
今朝の美術館の中庭です

クリスマスの朝

今朝は冷えました。昨日から予感はしてました。「25日は良い天気になります。」
天気予報のお姉さんの言葉です。マイナスの朝はもう何度もありましたが、今朝は
背中が丸まりました。美術館の木々は霜を被って息をしていないようでした。

美術館は28日・土曜日~1月3日・金曜日までお休みです。
この1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
藤岡牧夫はじめ館長、スタッフ一同心よりお待ちしております。

「もちつき大会+お絵かき教室」の開催

冬休み前のひと時、小布施まちづくり委員会交流部会の皆さんとおぶせ藤岡牧夫美術館のコラボレーション企画「もちつき大会+お絵かき教室」が開催されました。
おもちをついたみんな、感触はどうでしたか?お絵かき教室は3歳から12歳のお友達が協力して一枚の大きなサイズの絵を完成させる楽しさがありました。
「もっと描きたい!」の声は藤岡先生を喜ばせました。
その後は「あんこ・きなこ・辛味」のおもちをお腹いっぱいただきました。

 

 

 

 

 

 

今年最後の第8回サポーターズ活動

今日14日は今年最後のサポーターズ活動をしていただきました。
少人数でしかもいつもの方たちが、隅々まで落ち葉を片付けてくださいました。
木製のくまや、いのししもさっぱりしました。これで何時でも雪が降っても大丈夫です。お手伝いスタッフのFさんが「カマキリの卵が下の方に産んであったから今年の冬は雪が少ないぞ」と言われました。山には多く、里には少なくだといいのですが。
サポーターの皆さんお疲れ様でした。